おかげさまで65年 水廻りの達人 トイレ詰まりの修理・蛇口の水漏れ修理からリフォームまで、水廻りのご相談は、横浜で65年の実績の日本工業所にお任せください。洗面所・トイレ・浴室・台所のリフォーム・修理、水廻りのことならお任せ!「株式会社日本工業所」横浜市水道局指定給水装置工事事業者(指定登録店)/横浜市環境創造局排水設備指定工事店(指定工事店)/横浜市建築物飲料水貯水槽清掃業登録業者 営業時間/8:00〜18:00 対応エリア/横浜市内 定休日/日曜・祝日(土曜休み有)

「トイレのトラブル」・便器/吸水管の水漏れ ・水が流せない ・詰まって流せない 等「台所のトラブル」・蛇口の水漏れ ・排水口の詰まり 等「お風呂のトラブル」・お湯が出ない ・蛇口の水漏れ ・排水口の詰まり 等→まずはお問い合わせください 見積無料TEL. 045-711-2455/Mail: info@nihon-kogyosyo.co.jp

ビル・マンションの所有者さま、安全で新鮮なお水を給水しませんか!

給水方式には「直結方式」と「受水槽方式」があります。

マンションなどの集合住宅やビルなどへの給水は、これまで受水槽(貯水槽)を経て給水していましたが、配水本管の水圧で直接給水(直結方式といいます)することが可能になりました。不衛生になりがちな貯水槽の問題を解決し、安全で新鮮な水が利用できる直結給水を考えてみませんか?

直結方式

道路に埋設された配水管と各ご家庭の水道設備を直接つないで給水する方式です。配水管からの水道水を直接給水するため水質が一定し、安全でおいしい水が供給できます。

【メリット】
○配水管の水が、直接蛇口まで供給されるため、水が新鮮です。
○水槽の清掃・点検にかかる費用が不要となります。
○水槽を設置するスペースが不要となり、その土地を有効利用できます。
○シャワーが快適に使えます。

【デメリット】
×災害・緊急時等に配水管が断水になった場合、すぐに断水になります。



受水槽方式

中・高層の建物では、水道水をいったん水槽に入れ、この水をポンプで直接給水したり、屋上などに設けた高置水槽に送り、給水する方式です。水道施設の事故による断水や地震などの災害時に水を確保するストック機能があります。受水槽は1年以内に1回、点検清掃などの維持管理をする必要があります。

【メリット】
○災害・緊急時等に配水管が断水になった場合でも、タンクに貯留されている水を利用できます。

【デメリット】
×水槽が不衛生な場合、安全な水が供給されないおそれがあります。
×水槽の清掃・点検費用がかかります。
×水槽設置のためのスペースが必要になります。



横浜市水道局では、受水槽を利用している方に、直接給水方式への切換をお勧めしています。

>>切換工事の概算費用について

貯水槽清掃

受水槽は1年以内に1回、点検清掃などの維持管理をする必要があります。

貯水槽清掃の目的

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(いわゆる「ビル管理法」)及び「水道法」の中で、簡易専用水道の設置者はその水道の利用者が安心して利用できる水を供給するため、年1回の貯水槽の清掃や設備・水質の定期点検が義務付けられています。

貯水槽は水の出入りがあるため密閉された構造ではなく、常に外気と触れていますし、サビや汚泥の沈積、タンクの亀裂や整備不良による有害物質や汚水、藻の発生、小動物などの混入などによって貯水槽内の水質が悪化する恐れがあります。安全な水を供給する為に、年一回の清掃・設備点検・水質検査をお勧めします。

水質検査

簡易専用水道の管理者は給水栓における水の色、濁り、臭い、味などの外観に注意する必要があります。これに異常があると認められる時には、必要な水質検査を実施、その安全性の確認をしなければなりません。

作業内容

排水→洗浄清掃→清掃第1回消毒→第2回消毒→水洗い→水張・点検

作業終了後点検作業報告書をお届けいたします。